日本昔話ばなし 木こりが淵

ある日湖のそばで木を切っていた木こりは、ふとしたはずみで湖に斧を落としてしまいました。
途方に暮れている木こりでしたが、なんと湖から陽気な音楽とともに女神さまが現れました。

パイヤイヤイヤイヤィ(パンパン)
パイヤイヤイヤイヤィ(パンパン)

見ると手には金の斧らしきものと銀の斧らしきものを持っています。男が呆然としていると女神さまは歌い出しました。

この斧プラカ〜ド 君に見せてみた〜ら〜

よく見てみるとそれは、斧ではなくただの金色と銀色に塗られたプラカードでした。そして男は池に飛び込みそのまま浮かび上がってくることは無く、村のものはそこを木こりが淵と呼びけして近づかなかったそうじゃ。 おしまい

テニス選手名を風俗レポ風にしてみた

まずは嬢のシャラポワナダル。段々とジョコビッチになってきてそのまま二人でナブラチロワ。俺がフェデラー、嬢はフェレール。そのまま一気呵成にツォンガ!ツォンガ!ワウリンカとなったところでイバノビッチ、最期にマレーをチリッチしてもらってにしこり。

エクスペリアのカメラがフリーズする

はてなブログのAndroidアプリが出たッ!

それはともかく、今使っているXperiaZ1fのカメラアプリでフリーズ撮影をするとフリーズする。根本的な解決法あるのかな、と思ってググってみたけどないようなので、発見した対症療法をここに記す。

「カメラで撮影する前に、まず一瞬ビデオ撮影を行う」

これでフリーズは避けられる、俺の場合は。
このバグはかなり被害被っている人が多いだろうから、ここで書いて拡散してもらえないかなぁと少し期待している。

コロンビア戦

残念な結果だった。
選手個人の質はやはり一朝一夕に埋まるものじゃないと思わされるに十分な試合内容で、だからこそそれ以外の部分はすべてを全力で、パーフェクトに運ばないとそれこそ優勝は百年計画の後になるのかもしれない。

ザッケローニの明るいというか、ロジカルで明快な選手起用を掌の上で転がしきった感のあるペケルマンも敵ながらあっぱれだったんだけど、このペケルマンって人は、実はザッケローニよりも代表のテクニカルディレクターである原博実さんが推してた人物だったんだよね。
当時彼はノーポストで交渉はしてたけどすんなりとは行かず、岡ちゃんもスパッと勇退したもんだからメディアに監督不在期間の長さでやたらバッシング食らってたっけ。
つまり、原さんの見立て通りだったら、今日の通りの結果にはなってなかったかも…
まぁだからメディアが悪いなんてのは短絡的かもしれないけど、あの時うかうか報道を真に受けてた我々も含めて、反省しつつ先に進めたらいいよね。