漫画の防備録

ロマンスの騎士 
ダンスダンスダンスール(作ジョージ朝倉)←今回はこっちについて書く

スポーツジャンルだけど本質的にスポーツモノではない2作品
特にダンスダンスダンスールの前半部分はそれ自体がオペラのよう
最近よく思うのは、漫画とはいえ大きな物語を描く能力というのは恐らく今の業界の事情などもあって、一握りの超天才にしか不可能なんだろうということ。
岩明均三浦建太郎幸村誠なんかのネームバリューを得ている人でやっと可能になる話だと思う。

そんな中でも、ダンスダンスダンスールは話の奥行きが広い。登場人物が中学生という事で等身大の青春、みたいなのももちろん要素としてはあるけど、その主従がはっきりとある運命に導かれる中でのキーでありフックに過ぎないんだろうなと思ってしまう力がある。
これは想像に過ぎないけど、クラシックバレエという題材自体がそもそも重いものを果てしなく軽やかに持ち上げてみせるみたいな矛盾じみた技術と、それが可能にする圧倒的な表現力の粋を集めたものだからこそ妙に漫画と合うってところがあるように思う。
バレエ漫画て色々あるけど、そこそこまともに読んだことあるのSWANくらいだし現実のバレエをそもそも見たことないので、ちょっと見てみたいなとか思わせられるような引っ張るパワーのあるすごい作品だし、その上更に壮大な完成に向かって突っ走っていることを感じさせる作品。
決してただ悲しい舞台や場面を作って元気な主人公が頑張る、みたいな一直線なものではなく…というか作者の描く線も端的にそれを表しているのかなあと思うけれどとにかく曲線の連続。曲線であるからこそそれを紡ぐ事がいかに難しく、その中で「正しさ」に向かうことの意味みたいなものをこちらにも投げかけてくるような気がしている

ものすごい勢いが書いてるうちに生まれて謎の乱れたグルーヴになった気がするしまだまだ書き足りない点や事柄いっぱいある(最近思う女性作家の偉大さとか)けど、とにかくこの作者は天才。連載しているうちに読む事を強くおすすめします。こんなわけわからん文でもそこに自身が持てるほどすごい漫画はそうそう出会わない