ワイの考えたキリスト教ここがすごいぞ

ブコメで最近思いついたキリスト教論を書いたので、書き足りなかったこととか書きたい。以外歴史的な正しさとかあえて調べずに考えたただのヨタ文です

まずユダヤ教からの変化。ユダヤ教ってなんか神が直接ああせいこうせいって言ってる感が強い。この特徴はイスラムもそうで、しかしこのスタイルだと間口が狭まるし時代だなんだにあわせた変化は生みづらい。そりゃ神が言ったことホイホイかえらんねーわな。イスラムの人が豚食わないだユダヤは食えないもん多すぎwwwとか言ったってしょうがねーんだよってこと。神に喧嘩売ってんのかと。
んでその間口狭いって不便さを解消するには宗教とか関係は一切合切ユダヤ!これ一本!!みたいにしとくのが一番。したらまぁ無条件でオッケーになるからね。親父や周りみんなが言ってることなんてちょい変でも従うってのがイキモノなんだよ。
そんで、そりゃ周りの宗教滅ぼすわと。

そのへんキリスト教はやべー。まずキリストが神からろくな目にあってない。ここでもう「神=万能=神の言う事聞いてる俺らも万能」っていう一神教の矛盾点ほとんど消してる。
そのろくでもない目に合わされるキリストがいろいろ奇跡起こして、死んでも生き返って「やっぱ神っしょ!!!」これはやばい。

ユダ、お前裏切りよったな……でもゆるーす!

この神感あふれるインパクト。もはやナンマイダーで全部おkつってた東洋一の一揆マシーン親鸞先輩と同様のインパクトがある。

だが現実は残酷である。残酷さに勝つ方法?俺ら知ってますよ、とやってたのがキリスト以前。
キリストは、「残酷だよねーまじで。残酷だけど俺みたいに愛のパワーすべて振り絞ったらうまくいったりするし、うまくいかなくてもまあパワー足りるまでいったらあとは俺らがなんとかすっから頑張ってみろよ!!」って言ってくれる先輩。

そして後の世の人らが、その無茶な話をああしようこうしようとひねくりだしたのが三位一体とかいうくそわけわからん理屈だったり、正義とか愛とかの現実の合理性から著しく乖離した抽象的な概念なんじゃないかな、というのもあるんだけどまあそりゃ別なときにまとめてみよう。